本文へスキップ

クラウドコンピューティングによる新しい財務スタイルをご提案します。

TEL/FAX. 0942-80-7948

BBIQ フォンの方は、通話料が無料です。

メッセージ / プロフィールmessage / profile

メッセージ

CEO


 当事務所のホームページにお越しくださいまして、ありがとうございます。
 私は、平成23年7月福岡国税局を最後に退職し、8月に当事務所を開設しました。
 国税局・税務署勤務では、おもに法人の調査事務を担当しました。これまで数多くの法人を見てまいりましたが、心に残るのは、倒産です。経営者は、従業員とともに一所懸命頑張っておられますが、中には、倒産する事業者も出現します。取引先・従業員・出資者などに迷惑をかけ追及されるのは、本当に哀れです。
 当事務所を開設して強く強く思うことは、経営者の不安を取り除き強固な経営と事業の発展の一助になりたいということです。お客様へさまざまな安心をお届けすることを目指します。
 また、監督官庁とは協同し、問題があれば、誠実に説明をし、円滑に解決するよう尽くします。

 強固な経営
 さて、強固な経営には、しっかりした経理が必要です。経理は、記帳が基本ですから、入力の仕方などわかりやすく丁寧に指導します。インターネットを利用したA-SaaSは、時間が過ぎ去った帳簿ではなく、今現在の生きている帳簿です。今現在のキャッシュフローなどを、当事務所が、随時、財務上の安全性を見守ります。

 決算書
 決算書には、お客様の事業のうち、どの事業・どの業態・どの部署が貢献したのかは、表現されません。せっかく記帳するわけですから、セグメント別に損益計算を行い、どの事業がどれだけ貢献したのか、または、貢献しなかったのかをA−SaaSは分析できます。これは、中長期的にどの事業に力点を置くのかという経営判断に有益です。倒産した事業者のほとんどが、これらの内部情報を分析せず、世の中の変化に対応しなかったものと思われます。備えだけは怠りなくしておきたいものです。

 戦略
 「入るを計って、いずるを制す」という言葉があります。現在、従業員の給与の一律カット、事業所内の照明の削減等々「いずるを制す」を実施している事業者が、増えてきているようです。短期的には、損益計算ではプラスに働きます。はたして、中長期的に見てプラスかどうかは疑問なところがあります。今後どのような戦略をたてるかが課題となります。
 本来の「いずるを制す」とは、貢献していない事業などから事業の縮小・撤退を判断し実行することだと思います。
「入るを計って」とは、貢献しているあるいは貢献するであろう事業に力点を置いて資金や労力を投下することだと思います。経営者としては、難しい判断ですが、世の中の変化に対応して、初めて事業継続が図られるものと思います。
 一所懸命に頑張るのも、やみくもに頑張るのではなく、どのように一所懸命に頑張るかにつきます。

 投資
 もう一つ伝えておかなければならないことがあります。顧問料についてです。当事務所への顧問料は、さまざまな安心を獲得するための投資と考えていただきたいのです。単に、決算書を作成し申告書を提出するだけなら、他の税理士事務所へ依頼することをお勧めします。この投資が、現在は安心を得、将来はプラスとなって跳ね返ってくるよう、心がけてまいります。
 皆様の事業が強固な経営となり、さらには、事業が発展する一助になりたいと思っておりますので、何なりとお尋ねください。

代表者プロフィール

1975年(昭和50年)3月
福岡国税局 採用後 東京国税局へ転任
練馬、川崎南、銚子、渋谷の各税務署に勤務
1978年(昭和53年)3月
富士短期大学(夜間)(現東京富士大学)卒業
1987年(昭和62年)7月
東京国税局から福岡国税局へ
福岡、佐賀、大牟田、久留米、長崎の各税務署、福岡国税不服審判所、
福岡国税局 調査査察部調査課、課税第二部資料調査課、酒類業調整官に勤務
一般調査のほか審理専門官、国際税務専門官、統括国税調査官として調査を担当
2011年(平成23年)7月
辞職
2011年(平成23年)8月
永田税理士事務所 開設

永田税理士事務所

〒830-0072
福岡県久留米市安武町安武本1316番地4

TEL/FAX 0942-80-7948
E-mail  mail@saasga.net
Skype  saasga.net